長く”はたらく”を実現する就労定着支援事業 Notoカレッジ ウィズ

どんな人が利用できるの?

こんなことで困っていませんか?

  • 仕事がうまく覚えられない。
  • 仕事でミスが多くて困っている。
  • 上司や同僚とうまくコミュニケーションが取れない。
  • 休憩やお昼時間の過ごし方が分からない。
  • 沢山の仕事を頼まれて混乱してしまう。
  • 自分に何を期待されているのか分からない。
  • キチンと仕事ができているか自信がない。
  • 周囲に受け入れられているか不安だ。
  • 体調の管理がうまくできず、勤務に影響が出ている。
  • 働くための食事や睡眠、服薬、休日の過ごし方、お金の遣い方が苦手。
  • ストレスの解消法が分からない。
  • 職場の人や、主治医の先生に相談ができない。
  • 残業や仕事を頼まれると、断ることができない。
  • 職場で自分の障害や症状を理解してもらえない。
  • 働く時間を増やしたい・減らしたいが、相談ができない。

就労定着支援事業とはどんなサービス?

就労定着支援とは?

Notoカレッジは、いままで多くの卒業生(就職者)※定員10名を送り出し、その方たちの定着支援を行ったノウハウを活かした就労定着支援を”Notoカレッジウィズ”として2018年10月から開始しました。

就労移行支援等を利用して就職し、入社後6ヶ月を過ぎた頃から最大3年間の利用が可能で、本人さんの状況や相談を受け付け、また企業さんの相談などにも対応する形で、本人さんと企業さんとのパイプ役として、定期的に訪問や来所によって雇用が長く定着するような支援を行ってまいります。

就労定着支援とは、利用者との相談を通じて生活面の課題を把握するとともに、企業や関係機関等との連絡調整やそれに伴う課題解決に向けて必要となる支援を行う事業です。

専門スタッフによるサポート

本人は医療機関と定着支援にそれぞれ相談し、企業へ就労する。|医療機関と定着支援が連携する。|定着支援と企業は相談・調整する。
具体的な支援として
  • 定期的な職場訪問で、事前に不安や困りごとの把握と払拭
  • ご本人さんへの面談の実施で、会社では言いづらいことも言える安心の相談機会
  • メールや電話を使ってリアルタイムな相談体制
  • 企業さんの懸念事項の把握と解消
  • 医療機関との連携
など

就労定着支援員がジョブコーチ的な視点も取り入れながら、ご本人さんが長く仕事に従事できるようサポート致します。

利用までの流れを教えて

利用について

就労定着支援は就労移行支援事業所などを利用し、企業等に就職してから 6 ヶ月後から数えて最大3年間利用が可能となります。

利用のために、就労移行支援事業所などの利用時に取得していた障害福祉サービス利用のための「受給者証」の再取得が必要です。

したがって、相談支援事業所に「サービス等利用計画書」を作成してもらう必要があります。

就労移行支援のサポート/利用中→就職→就労移行支援による定着支援、入社~入社6ヶ月。|就労定着支援のサポート/入社7ヶ月~3年間。障害者就業・生活支援センター等による定着支援。

ご利用料金

利用料金

利用料の10%がご利用者負担となります。ご負担額は1回あたり概ね 800円~1,000円です。

1ヶ月あたりの上限負担金額が世帯収入により異なりますので、右表を ご参考ください。

詳しくはお問合せください。

障がい福祉サービスです。

  • 区分
  • 世帯の収入状況
  • 負担上限額
  • 生活保護
  • 生活保護受給世帯
  • 0円
  • 低所得
  • 市町村民税非課税世帯
  • 0円
  • 一般1
  • 市町村民税課税世帯(世帯収入が概ね890万円以下)
  • 9,300円
  • 一般2
  • 上記以外
  • 37,200円

Notoカレッジグループ

「キャリアセンタープラス・NEXT」就労移行支援(一般就労を目指し様々な経験や訓練を行う場所)/「ワークセンター」就労継続A型(働きながら就労に向けた知識および能力を高め、一般就労を目指す場所)/「NotoBeee(ノトビー)」就労継続B型(自分に適したワークスタイルを見つけ、将来のステップアップを目指す場所)/「ウィズ」就労定着支援(職場での困りごとや生活面での相談・調整を行い、長く働ける支援を行う場所)/「のとよーび」放課後等デイ(中高生等に対し、卒業後の就労を意識した訓練を行い、就労準備をする場所)/「のとファイブ」相談支援(本人に寄り添った福祉サービスの利用について相談できる場所)

よくある質問

よくある質問

サービスの提供元はどこですか?

株式会社Notoカレッジとなります。詳しい会社のご紹介は「会社概要」をご覧ください。

就労定着支援「ウィズ」とはどんなサービスですか

利用者さんと企業に対して、定期的に企業・自宅等への訪問や来所いただくことにより、就労での困りごとや生活リズム、体調の管理などの相談を受け、解決に向けて、必要な連絡調整や指導・助言等の支援を行い、雇用が長く定着するような支援を行ってまいります。入社後7か月目から最大3年間の利用が可能です。

就労定着支援とはなんですか?

就労定着支援事業とは、利用者との相談を通じて就労面、生活面の課題を把握するとともに、企業や関係機関等との連絡調整や課題解決に向けて必要となる支援を行う事業です。

料金はかかりますか?

原則として利用料の10%がご利用負担額になります。但し、1か月あたりの上限負担額があり、前年度の収入額によって負担額が異なりますのでお問合せの際にスタッフがご説明致します。

所在地はどこですか?

岐阜県大垣市高屋町です。JR大垣駅から南に徒歩4分程度です。すぐ東に駅前商店街があります。

どんな障害の人でもサービスは受けられるのですか?

はい。身体障害、知的障害、精神障害、発達障害の方が対象となります。就労後6か月が過ぎてから利用可能となります。

障害者手帳を持っていなくても大丈夫ですか?

原則として、身体障害者手帳、療育手帳、精神保健福祉手帳が必要ですが、医師の診断書や意見書をお持ちの場合、或いは難病の方も対象となる可能性がありますので、一度ご相談下さい。

送迎はありますか?

現在、送迎サービスは実施しておりません。

サービス提供時間を教えてください。

原則として、月曜日~金曜日 午前10時~午後4時となっております。

サービスに関心があるのですが、まずどうしたら良いですか?

どんな些細なことでも結構ですので、まずはご連絡下さい。

ご連絡は「お問合せ」へ。

交通アクセス

交通アクセス

JR大垣駅南口を出て商店街を南へ徒歩5分

〒503-0901 岐阜県大垣市高屋町1丁目51 一岡ビル1F2F

0584-77-7631 FAX 0584-77-7633 info@notocolle.co.jp

会社概要

会社概要

会社名
株式会社Notoカレッジ
所在地
  • (本社)〒503-0901 岐阜県大垣市高屋町1丁目51
  • (Moreビル)〒503-0904 岐阜県大垣市桐ヶ崎町58 Moreビル3F
  • (名古屋事業所)〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2-4-12 トーシン本町ビル4F
電話番号
  • (代表)0584-77-7631
FAX番号
0584-77-7633
メール
info@notocolle.co.jp
事業内容
障害者総合支援法に基づく障害福祉サービス
児童福祉法に基づく放課後等デイサービス
障害者総合支援法・児童福祉法に基づく相談支援サービス
  • (特定相談・障害児相談支援事業)
    のとファイブ(事業所番号2132100856・2172100097)
事業開始日

2013年4月1日

代表者
辻 雅靖
顧問
肥後 道子
  • (社) 日本ダイバーシティ推進協会 代表理事
  • 国際コーチ協会(ICA)認定 グランドマスターコーチ
  • 軽度発達障がい支援協会 理事長
自身の二次障害の不登校、引きこもり、うつ病、パニック障害などの経験を経て、コーチングなどを学ぶ。発達障がい当事者として、発達障がいの特性に悩む方達の就労・結婚・子育てなどライフステージに合わせて、コミュニケーションの視点からプログラム開発や提供を行うコーチングインストラクター。

Notoカレッジは「スキルアップ」、「キャリアアップ」あなたの将来の「夢」を全面にサポートし、障害者の就労の拡大を目指していく企業です。

Notoカレッジの理念

ワーキングバリアフリーの実現

Notoカレッジは働くに対してのハードル(=バリア)を持っている方たちに対して就労(または就職)支援を行い、働きたいと思っている方にとってより良い社会の実現を目指していきたいと考えています。

お問合せ

お問合せ

WEBお申込みフォーム

Japan
Notoカレッジのことをどちらで知りましたか?
お問合わせ内容必須
  •  
  •  
必須
  •  
  •  
必須
  •  
  •  
  • (全角カタカナ)
必須
  •  -
  •  -
  • (半角数字)
必須
  •    - (半角数字)
  •  
  •  
  •  

Notoカレッジの就労定着支援事業所利用に関するお問合せ

0584-77-7631

受付時間 10:00~16:00(平日のみ)

お問合せはこちらから

先頭に戻る