What's New

日本職業リハビリテーション学会第42回(岩手)大会

日本職業リハビリテーション学会第42回(岩手)大会が開催されます。

研究発表予定者の学会入会締め切りが5/9(金)までとなっておりますので、お急ぎください。

なお、研究発表、自主ワークショップの申込み期限は5/19(月)です。

詳しくは、大会ホームページをご覧ください。

プレスリリース   2014/05/07   Notoカレッジ

岐阜新聞に当社が紹介されました。

---記事要約---

障がいのある高校生向けの就労準備型放課後等デイサービス「のとよーび」
を開始しました。

通常のデイサービスは生活能力訓練が中心ですが、同サービスは就職に
主眼を置き、スムーズな就職ができるようにサポートします。

定員は10人で、条件によって無料で利用できる場合もあるので
まずはお問合せください。

時間は、平日午後4時から午後6時までの2時間です。
カリキュラムは、パソコンスキル講座などのほかグループワークによる
コミュニケーションスキルの習得や社会疑似体験など相談の上決定します。

------

という記事が掲載されました。

岐阜新聞20140418.png
メディア掲載   2014/04/18   Notoカレッジ

中部経済新聞に当社が紹介されました。

---記事要約---

障がいのある高校生向けの就労準備型放課後等デイサービス「のとよーび」
を開始しました。

通常のデイサービスは生活能力訓練が中心ですが、同サービスは就職に
主眼を置き、スムーズな就職ができるようにサポートします。

定員は10人で、条件によって無料で利用できる場合もあるので
まずはお問合せください。

時間は、平日午後4時から午後6時までの2時間です。
カリキュラムは、パソコンスキル講座などのほかグループワークによる
コミュニケーションスキルの習得や社会疑似体験など相談の上決定します。

------

という記事が掲載されました。


中部経済新聞20140416.png
メディア掲載   2014/04/16   Notoカレッジ

Notoでわいわい春爛漫~1周年感謝祭~

大垣商店街「元気ハツラツ市」にて「Notoでわいわい春爛漫~1周年感謝祭~」開催しました。

 主な出し物としては、 わなげ 、 さまざまな障害について書かれた[障害の紹介]の展示 
Notoカレッジの一年をギュッとまとめたNoto年表の展示 などの出し物を行いました。


この4月でNotoカレッジは一周年を迎えました!

Notoカレッジに携わってくださる全ての皆様に感謝しております。
プレスリリース   2014/04/06   Notoカレッジ

株式会社Notoカレッジの新サービス開始

株式会社Notoカレッジの新サービスとして、就労準備型放課後等デイ「のとよーび」
相談支援事業「のとふぁいぶ」を開始しました。
プレスリリース   2014/04/01   Notoカレッジ

LD岐阜親の会

LD岐阜親の会にて当社キャリアセンターチーフマネージャー名和が「働くって何?」
というテーマにて講師をしました。
プレスリリース   2014/03/29   Notoカレッジ

「Notoカレッジキャリアセンター第2回卒業式」開催

本日はNotoキャリアセンターの卒業式がありました。
二名の方がNotoを巣立って行きました。
嬉しいことで、少し寂しいことで、人との出会いやつながり、これからへの思い、いろいろな気持ちが巡っていますね。
 
プレスリリース   2014/03/28   Notoカレッジ

「スマイルフェスタ」

当社広報スタッフ中嶋茜が、岐阜圏域障がい者自立支援推進会議・西濃圏域障がい者自立支援協議会主催の
「スマイルフェスタ」にて「人権と雇用~誰にでも平等に働く権利はある~」というテーマで講演しました。
プレスリリース   2014/03/08   Notoカレッジ

「Notoカレッジキャリアセンター第1回卒業式」開催

Notoカレッジキャリアセンターで記念すべき第一回卒業式が執り行われました。

嬉しさと、寂しさがありましたが卒業は新しい出会いもあると思います。

プレスリリース   2014/02/28   Notoカレッジ

「ノトカレ版『そこまで言って委員会』」

拡大グループワーク「ノトカレ版『そこまで言って委員会』」開催しました。


「自分のこと、相手のことを知る」ために、

「障害」という言葉を一つのキーワードとして、様々な角度から議論しました。

「障害って何だ?」

どうとらえている?どうとらえられていると思う?どうとらえてほしい?

年齢も性別も立場も障害についてバラバラな委員会メンバーの討論は聴きごたえがあるものでした!


それぞれが真剣に本気で深く考えているからこそ、今回のような委員会が開けたのだと思います。
プレスリリース   2014/02/11   Notoカレッジ
ページトップへ