名古屋市中区栄にある障害(発達障害・精神障害)や難病をお持ちの方の就職をめざす就労移行支援事業所NotoカレッジキャリアセンターNEXT

SERVICE 学校在学中からはたらくためのスキルを学ぶ

発達障害学生向けの働くチカラを学ぶ 大学生(短大、院生、高等専門学校生)向け支援サービス

学校在学中(大学、院生、短大、専門)の卒業年度より就労移行支援事業所が利用できることになりました。

発達障害を持つ大学生のこんな悩み

○大学では、高校とは違い自分で授業の選択制したり、自分で考えて大学生活を行うことが多く、発達障害学生(広汎性発達障害:自閉スペクトラム症[ASD]・アスペルガー症候群、注意欠陥・多動性障害[ADHD]、学習障害[LD])は苦労してしまう。

○就職活動で何をしていいかわからず、面接に何回も落ちたり、内定がもらえずプレッシャーがかかる。

就労移行支援事業所とはどんなところ

企業等への就労を希望する障害のある方に対して生産活動や職場体験などの機会を提供し、就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練や、就労に関する相談や支援を行う障害福祉サービスです。

最大2年間の期間にて、一般就労に必要な知識・能力を養い、本人の適性に見合った職場への就労と定着を目指していく場所です。

発達障害を持つ学生が就労移行支援を利用するメリット

  • 働く上での障害特性を正しく理解できる
  • 自己肯定感を取り戻せる
  • 働くという自信を持てる
  • 自分の適性を見つけ就職活動ができる
  • プログラムや企業見学・実習を経験し就職を目指せる
  • 他メンバーとの交流を通じてコミュニケーションが学べる

ご利用いただける条件

厚労省が提示している文書では以下の全てに当てはまる大学生が就労移行支援を利用するに差し支えがないと回答しています。

  • 大学や地域における就労支援機関等による就職支援の実施が見込めない場合、又は困難である場合
  • 大学卒業年度であって、卒業に必要な単位取得が見込まれており、就労移行支援の利用に支障がない者
  • 本人が就労移行支援の利用を希望し、就労移行支援の利用により効果的かつ確実に就職につなげることが可能であると市町村が判断した場合

ご利用のながれ

NotoカレッジキャリアセンターNEXTでは、学生の就労移行支援の利用学生の実績がございますのでまずは一度電話や問い合わせフォームよりご相談ください。スタッフが現在の状況や就労に関する悩み等をお伺いさせていただいた上で、スタッフが大学や地域、市町村と連携して利用手続きのサポートをさせていただきます。

一部お住いの地域で利用に必要な受給者証が発行されない市町村があります。

大学生の就労移行支援事業所利用Q&A

大学在学中ですが就労移行支援事業所を利用できますか

平成29年3月に大学在学中で障害を持つ学生等が、就労移行支援を利用することが正式に認められました。

短大や大学院ですが利用可能ですか

はい。大学生のほか、短期大学、大学院、高等専門学校に在学中の方が利用できます。

大学在学中であれば何年生でも利用できますか

大学在学中の卒業年度に、就労移行支援事業所を利用することが可能です。

障害者手帳を持っていませんが利用可能ですか

障害者手帳をお持ちまたは医師の診断書を取得いただける方になります。詳しくはお問合せください。

学生が就労移行を利用するメリットありますか

学校生活以外で就職活動や社会生活の準備ができたり、ご自身の特性を知ることができ、自分の強みを活かした仕事を探したり、他のメンバーとの交流を通じてコミュニケーションを学ぶことができます。

卒業までに就職が決まらなかった場合はその後はどうなりますか

万が一、就職に結びつかなかったとしても、就労移行を継続して利用いただくことができます(最大2年間)

就職後のサポート体制はありますか

はい就労移行支援事業所を利用し就職した場合は、その後6ヶ月間定着支援のサポートが受けれます。

その後は別サービスで定着支援事業(定着支援事業所との別契約)にてサービスも受けれる可能性があります。

その他、利用できるサービスはありますか

上記の就労移行支援を利用できない方は、働くチカラPROJECT東海(fabrica)のサービスがご利用いただけます。

http://www.fabrica.biz

個別で相談いただくことは可能ですか

はい可能です。052-212-9610へお電話ください。

学生の就労移行支援事業所利用に関するお問合せ

052-212-9610

受付時間 9:00~17:00(平日のみ)

お問合せはこちらから

先頭に戻る